古美術ますけん
古美術ますけん

  • 古美術ますけんについて
  • 買取作家一覧
  • 買取品目一覧
  • はじめての方へ
  • 買取について
お問い合わせ 0120-134-003 年中無休 9:00〜21:00受付 土日祝日対応 MAILはこちら LINE IDはこちら
english

china

thai

買取のご依頼・お問い合わせ

電話

フォーム ライン

中国美術
中国切手

買取のご案内

中国切手の買取なら買取実績豊富な古美術ますけんにお任せください。近年の中国景気の上昇に伴い、中国国内で中国切手の収集がブームになったことから、市場での中国切手の価値が上がりました。しかしそれも少しずつかげりを見せ始めてはいるものの、「文革切手」や「赤猿」、「オオパンダ」などは根強い人気があり依然高値で取引されています。古美術ますけんでは文革切手や赤猿をはじめ、オオパンダ、子供の時から科学を愛そう、梅蘭芳など、幅広く中国切手の買取をしております。使用済のものや葉書や封書に貼られたままの状態のもの、整理されていないものでも、切手そのものに大きなダメージがなければご査定できるケースが多くあります。売却をお考えの中国切手がございましたら、フリーダイヤル0120-134-003又はフォームやラインまでお気軽にご相談下さい。

【主な買取対象品】
文革切手、赤猿、オオパンダ、子供の時から科学を愛そう、梅蘭芳、毛主席の長寿を祝う、毛主席、プレミアム切手・・・など

電話

フォーム ライン

中国切手買取品一覧

  • 中国切手 赤猿

    中国切手 申(赤猿)

  • 中国切手 梅蘭芳舞台

    中国切手 梅蘭芳舞台

  • 中国切手

    中国切手

  • 中国切手 文10 毛主席の最新指示

    中国切手 文10 毛主席の最新指示

  • 中国切手 文13 毛主席最新指示

    中国切手 文13 毛主席最新指示

  • 中国切手 文6 毛主席は赤い太陽

    中国切手 文6 毛主席は赤い太陽

  • 中国切手 文2 毛主席の長寿をたたえる

    中国切手 文2 毛主席の長寿をたたえる

  • 中国切手 文2 毛主席の長寿をたたえる

    中国切手 文2 毛主席の長寿をたたえる

  • 中国切手 文4 毛主席像

    中国切手 文4 毛主席像

  • 中国切手 文7 毛主席詩詞

    中国切手 文7 毛主席詩詞

  • 中国切手 文1 毛主席の長寿を祝う 語録

    中国切手 文1 毛主席の長寿を祝う 語録

  • 中国切手 第3次五ヵ年計画 2種完

    中国切手 第3次五ヵ年計画 2種完

  • 中国切手 文9 アメリカ黒人の闘争支持

    中国切手 文9 アメリカ黒人の闘争支持

  • 中国切手 文3 延安「文芸講話」発表25周年

    中国切手 文3 延安「文芸講話」発表25周年

  • 中国切手 革命的な現代京劇

    中国切手 革命的な現代京劇

  • 中国切手 中国共産党50周年

    中国切手 中国共産党50周年

  • 中国切手 特57 黄山風景シリーズ

    中国切手 特57 黄山風景シリーズ

  • 中国切手 紀94 梅蘭芳舞台芸術 8種完

    中国切手 紀94 梅蘭芳舞台芸術 8種完

  • 中国切手 パリコミューン100周年 4種完

    中国切手 パリコミューン100周年 4種完

  • 中国切手 特61 牡丹シリーズ 15種完

    中国切手 特61 牡丹シリーズ 15種完

  • 中国切手 延安 文芸講話発表30周年 6種完

    中国切手 延安 文芸講話発表30周年 6種完

  • 中国切手 特46 唐三彩 8種完

    中国切手 特46 唐三彩 8種完

  • 台湾中華民国 切手

    台湾中華民国 切手

  • 台湾中華民国 切手

    台湾中華民国 切手

  • 中国切手 智取威虎山 6種完

    中国切手 智取威虎山 6種完

  • 中国切手 アルバニア労働党30周年 4種完

    中国切手 アルバニア労働党30周年 4種完

買取のポイント

共箱などがございましたらご一緒にお見せください。古いものは清掃や補修せずにそのままの状態でお見せください。

状態が良い

状態が良い

箱などの付属品が揃っている

箱などの付属品が揃っている

人気のある産地や作家もの

人気のある産地や作家もの

※上記に該当しないものでも買取できる可能性がありますのでお気軽にお問合せください

査定用画像の撮り方

メールやラインで画像を送る場合はライターや

ペットボトルなど、比較になるものと一緒に

写っている画像をお送り頂けるとスムーズに査定が進みます。

全体像

全体像

別角度やアップ画像

別角度やアップ画像

署名や押印、刻印、箱書など

署名や押印、刻印、箱書など

箱などの付属品

箱などの付属品

箱がない 価値がわからない 箱書きが読めない等

お気軽にお問合せください

 

中国切手について

中国の切手がコレクターに人気な理由は、文化大革命中に切手の収集及び海外輸出が禁止となり、古い切手が焼却されたため、希少となったことです。加えて、赤猿や牡丹などシリーズ化されているものや記念切手はコレクターに人気です。

中国切手 赤猿
  • 赤猿
  • あかざる

子ザルとも呼ばれる、1980年に発行された中華人民共和国初の年賀切手です。金粉が施され、猿の絵もよく描かれていたため中国国内で人気です。現在は入手困難なため、コレクター向けの安価なレプリカも多く出回っています。

中国切手 文2 毛主席の長寿をたたえる
  • 毛主席の長寿をたたえる
  • もうしゅせきのちょうじゅをたたえる

1967年に二度に分けて8種類のデザインの切手が発行されました。五月に発行された第一弾は毛沢東と紅衛兵がデザインされ、九月に発行された第二弾は毛沢東と副主席の林彪が描かれています。

中国切手 梅蘭芳舞台
  • 梅蘭芳舞台芸術
  • めいらんふぁんぶたいげいじゅつ

梅蘭芳とは清末から中華人民共和国の間で活躍した京劇の女形で、世界中で京劇の公演を行った人物です。梅蘭芳の死後1962年に小型シートと全8種類の梅蘭芳の切手が発行されましたが、文化大革命により焼却の憂き目に遭い、希少品となっています。

中国切手 特61 牡丹シリーズ 15種完
  • 牡丹
  • ぼたん

1964年に発行された切手です。小型シートの牡丹と、牡丹シリーズと呼ばれる、全て異なる牡丹が描かれた全15種類の切手があります。双方文化大革命以前の切手のため希少であり、デザインも好まれているためコレクターの需要が高いです。

お問い合わせフォームフォーム

  • 電話0120-134-003
  • 年中無休 9:00~21:00 受付
  • 土日祝日 対応

買取のご依頼・お問い合わせ

電話

フォーム ライン

  • お問い合わせ
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込買取

3つのお約束で
安心買取

  • 1
  • 確かな審美眼でお品物の価値を見定めます
  • 幅広いジャンルのお品物の価値を見定めたうえで査定・買取致します。
  • 2
  • 査定から買取まで迅速対応・即日現金買取
  • ご連絡をいただいてから買取まで迅速な対応を心がけております。ご予約いただいた査定日当日中に現金又は銀行振込で買取致します。
  • 3
  • 商品や個人情報の秘密厳守
  • 買取させて頂いたお品物や個人情報は厳正に管理しております。また、「周囲の目が気になるので夜間に来てほしい」などのご要望にもお応えします。
ご利用の流れ
1

お問い合わせ

まずはお電話かお問い合わせフォーム、ラインにてご連絡頂き、お品物の内容をお知らせください。

2

査定

出張買取

ご希望日当日にご自宅までお伺い致します。

宅配買取

お品物と身分証のコピー・振込先口座のメモを入れて着払いにお送りください。

持込買取

ご予約いただいたお日にち・時間帯に当社までお越しください。

3

買取

お客様と査定額が折り合うようでしたらその場で現金又は振込にてお支払いを致します。

折り合いがつかなった場合でもキャンセル料は一切かかりません。

選べる買取方法

  • 出張買取
  • 出張買取
  • 出張料無料
  • 宅配買取
  • 宅配買取
  • 送料無料
  • 持込買取
  • 持込買取
  • 駐車場完備
  
  • 非対面での買取希望の方
  • 遠方の方
  • 量が少ない
  • 3
  • 等の場合は
  • 宅配買取が便利です

よくある質問

はい、無料です。お電話でもわかる範囲で回答させて頂きます。お気軽にご利用ください。

重いもの・大きいもの・割れやすい物は、動かさなくてもそのままの状態で拝見いたします。 飾棚に飾ってあるお品物や箪笥に入っている和服などは伺った際にご指示いただければ、 当方で順番に出して拝見いたします。 買取が成立した際には、本人確認の為に身分証が必要になります。18歳未満の方は、身分証明書(学生書)と保護者の承諾書が必要です。

お品物によります。量が少しでしたら一緒にお引き取りしてまう事もありますし 作業料をいただいてお引き取りする場合もございます。

はい。予定に空きがあれば当日でも伺います。通常は、お客様のご希望の日時を伺い、 当方の予定と調整いたします。ご連絡を頂いた際にお伝えください。

東京、神奈川、千葉、埼玉といった関東圏が中心ですが、遠方でも伺っております。お気軽にご相談ください。

      

作家ものの買取はこちら

買取作家一覧