古美術ますけん
古美術ますけん

  • 古美術ますけんについて
  • 買取作家一覧
  • 買取品目一覧
  • はじめての方へ
  • 買取について
お問い合わせ 0120-134-003 年中無休 9:00〜21:00受付 土日祝日対応LINE IDはこちら
english

china

thai

買取作家一覧買取作家一覧

宮川香齋

みやがわ こうさい

宮川香齋

みやがわ こうさい

陶磁器

ますけんでは宮川香齋(真葛香齋)の作品を買取致しております。
売却をご検討のお客様はフリーダイヤル0120-134-003
又はフォームまでお気軽にご相談下さい。

<関連項目>京焼

初代香斎は京都で焼継所を家業とする家に生まれました。当時、焼継の需要が少なくなった事から本格的に京焼を始め、染付・青華などの中国の写しや煎茶道具などを多数制作しました。四代香斎の頃より「真葛香斎」を名乗り、茶道具の制作に専念するようになりました。現在でも仁清写し、乾山写し、交趾、金欄手など、上品で優美な伝統的な京焼の技法を幅広く制作しています。


【系譜】
初代 宮川香斎 1819年-1865年
宮川治兵衛春房の長男として生まれる
号「香斎」「赤こん」

二代 宮川香斎 1846年-1922年
初代宮川香斎の養子
本名:熊二郎
号「香斎」「善翁」「治兵衛(隠居後)」

三代 宮川香斎 1894年-1919年
二代宮川香斎の長男として生まれる
本名:周造
号「香斎」「光誉」

四代 宮川香斎(初代 真葛香斎) 1897年-1987年
二代宮川香斎の次男として生まれる  
本名:金吾
号「香斎」「永誉」「治平(隠居後)」
1909年 京都徒弟伝習所轆轤科に入所し、卒業後は家業に従事
1913年 4代宮川香斎を襲名
1915年 北大路魯山人が作陶の手ほどきを受けに陶房を訪れる
1929年 久田家11代無適斎宗也師事、本格的に茶道具制作に専念
1934年 無適斎宗也に「真葛焼」の箱書を授かり「真葛香斎」を号した
1972年 婿養子・三喜重に家督を譲って隠居し、「治平」を号した

五代 宮川香斎(二代 真葛香斎) 1922年
東京生まれ。旧姓を杉本三喜重
号「香斎」「治平(隠居後)」
1946年 四代宮川香斎の長女と結婚して宮川家に入籍
1972年 五代宮川香斎(二代真葛香斎)を襲名
表千家十三代即中斎宗左より「真葛」の印を授かる
2002年 養子・和男に家督を譲って隠居し、「治平」を号する

六代 宮川香斎(三代 真葛香斎) 1944年
京都生まれ。五代宮川香斎の養子
本名:和男
号「香斎」
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入って五代宮川香斎を補佐
2002年 六代宮川香斎(三代真葛香斎)を襲名
大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室・高田明浦より「真葛」の印を授かる

宮川香齋(みやがわ こうさい)買取品一覧

  • 真葛香斎

  • 真葛香斎 蓋置

  • 色銹富士文茶碗

  • 真葛香斎 吉祥紋茶碗

  • 真葛香斎 松島之絵 茶碗

    真葛香斎 松島之絵 茶碗

  • 宇治橋 茶碗

    宇治橋 茶碗

買取作家一覧

お問い合わせフォームフォーム

  • 電話0120-134-003
  • 年中無休 9:00~21:00 受付
  • 土日祝日 対応
  • お問い合わせ
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込買取

古美術ますけんが選ばれる理由

  • 1出張費無料
  • 全国を出張費無料での買取も行っております。遠方で持ち込みが難しい場合や、量が多いもの・大型のもので郵送が難しい場合など、是非ご利用ください。
  • 2実績多数
  • 古美術・骨董品をはじめ、中国美術・西洋美術・茶道具・書画・絵画・お酒など、品物にあわせて担当者が伺います。
  • 3安心・信頼
  • お品物や個人情報は厳正に管理。企業・法人様から個人主のお客様まで、幅広い方にご利用頂いております。各ジャンルの専門スタッフが担当させて頂いております。
  • 4迅速・丁寧
  • 最短で即日にお伺いすることも可能です。その場で現金取引をさせて頂きます。大切なお品物を丁寧に扱い、お譲り頂いたお品物を、大切にして下さる新しい所有者へ橋渡し致します。
遺品整理
大切な故人のお品物の遺品整理。
骨董・リサイクル専門スタッフが
査定・買い取りさせていただきます。