古美術ますけん
古美術ますけん

  • 古美術ますけんについて
  • 買取作家一覧
  • 買取品目一覧
  • はじめての方へ
  • 買取について
お問い合わせ 0120-134-003 年中無休 9:00〜21:00受付 土日祝日対応 MAILはこちら LINE IDはこちら
english

china

thai

買取作家一覧買取作家一覧

小野忠重の買取なら

古美術ますけんにお任せください

ますけんでは小野忠重の作品を買取致しております。 売却をご検討のお客様はフリーダイヤル0120-134-003又は フォームまでお気軽にご相談ください。

買取のご依頼・お問い合わせ

電話

フォーム ライン

おの ただしげ

小野忠重

小野忠重

おの ただしげ


版画1909 - 1990

版画家。戦前は若手版画家と新版画集団を立ち上げ、版画の制作と研究を行った。戦後に木版陰刻と呼ばれる、独自の手法の作品を発表し、東京藝術大学で版画の講師も務めた。



略歴


1909年 東京府東京市本所区の向島に生まれる
1924年 蒼原会に加入、白日会第2回展に出品
1927年 早稲田実業学校在学中から卒業まで本郷絵画研究所に学ぶ
1929年 日本プロレタリア美術家同盟主催のプロレタリア美術展に出品
1931年 プロレタリア美術展に連作「三代の死」出品
1932年 日本版画協会第2回展に出品。藤牧義夫らと「新版画集団」を創立
1933年 「死を回る人々」制作
1936年 日本版画協会主催の「欧米巡回展」の出品作品に選定される。第1回版画協会賞受賞。同年、新版画集団を「造形版画協会」に改組改称
1940年 紀元2600年奉祝美術展に出品
1948年 第2回日本アンデパンダン展(日本美術会主催)出品
1956年、初めて個展を開く
1957年、第1回東京国際版画ビエンナーレ展出品
1960年、「工場」を制作
1961年、ソ連で初めての現代日本版画展に招待される。帰国後、エッセイ「ソ連の美術館」、「ソヴィエットの日本画」を「三彩」に掲載
1963年、東京藝術大学版画研究室の講師となる
1966年 「版画・戦後20年の歩み」を「みづゑ」に発表「日本の木版技術と複製」を「東京藝術大学美術学部紀要」に掲載
1967年、「民衆版画考」を「東京藝術大学美術学部紀要」に掲載
1968年、第6回東京国際版画ビエンナーレ展諮問委員を委嘱
1970年、装幀に関する研究成果として、「本の美術史」の連載を「三彩」で開始
1972年、第7回東京国際版画ビエンナーレ展諮問委員を委嘱される
1979年、紫綬褒章を受章
1989年、「小野忠重と「新版画」の作家たち展」(神奈川県立近代美術館)開催
1990年10月17日、肺炎のため東京警察病院で死去

代表作


「三代の死」 「狐市街」

買取作家一覧

お問い合わせフォームフォーム

  • 電話0120-134-003
  • 年中無休 9:00~21:00 受付
  • 土日祝日 対応

買取のご依頼・お問い合わせ

電話

フォーム ライン

  • お問い合わせ
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込買取

3つのお約束で
安心買取

  • 1
  • 確かな審美眼でお品物の価値を見定めます
  • 幅広いジャンルのお品物の価値を見定めたうえで査定・買取致します。
  • 2
  • 査定から買取まで迅速対応・即日現金買取
  • ご連絡をいただいてから買取まで迅速な対応を心がけております。ご予約いただいた査定日当日中に現金又は銀行振込で買取致します。
  • 3
  • 商品や個人情報の秘密厳守
  • 買取させて頂いたお品物や個人情報は厳正に管理しております。また、「周囲の目が気になるので夜間に来てほしい」などのご要望にもお応えします。
ご利用の流れ
1

お問い合わせ

まずはお電話かお問い合わせフォーム、ラインにてご連絡頂き、お品物の内容をお知らせください。

2

査定

出張買取

ご希望日当日にご自宅までお伺い致します。

宅配買取

お品物と身分証のコピー・振込先口座のメモを入れて着払いにお送りください。

持込買取

ご予約いただいたお日にち・時間帯に当社までお越しください。

3

買取

お客様と査定額が折り合うようでしたらその場で現金又は振込にてお支払いを致します。

折り合いがつかなった場合でもキャンセル料は一切かかりません。

選べる買取方法

  • 出張買取
  • 出張買取
  • 出張料無料
  • 宅配買取
  • 宅配買取
  • 送料無料
  • 持込買取
  • 持込買取
  • 駐車場完備
  
  • 非対面での買取希望の方
  • 遠方の方
  • 量が少ない
  • 3
  • 等の場合は
  • 宅配買取が便利です

よくある質問

はい、無料です。お電話でもわかる範囲で回答させて頂きます。お気軽にご利用ください。

重いもの・大きいもの・割れやすい物は、動かさなくてもそのままの状態で拝見いたします。 飾棚に飾ってあるお品物や箪笥に入っている和服などは伺った際にご指示いただければ、 当方で順番に出して拝見いたします。 買取が成立した際には、本人確認の為に身分証が必要になります。18歳未満の方は、身分証明書(学生書)と保護者の承諾書が必要です。

お品物によります。量が少しでしたら一緒にお引き取りしてまう事もありますし 作業料をいただいてお引き取りする場合もございます。

はい。予定に空きがあれば当日でも伺います。通常は、お客様のご希望の日時を伺い、 当方の予定と調整いたします。ご連絡を頂いた際にお伝えください。

東京、神奈川、千葉、埼玉といった関東圏が中心ですが、遠方でも伺っております。お気軽にご相談ください。

      

作家ものの買取はこちら

買取作家一覧