古美術ますけん
古美術ますけん

  • 古美術ますけんについて
  • 買取作家一覧
  • 買取品目一覧
  • はじめての方へ
  • 買取について
お問い合わせ 0120-134-003 年中無休 9:00〜21:00受付 土日祝日対応 MAILはこちら LINE IDはこちら
english

china

thai

買取作家一覧買取作家一覧

中村宗哲

なかむら そうてつ

中村宗哲

なかむら そうてつ

中村宗哲 鵬雲斎書付 利休梅朱絵溜大棗

漆芸 千家十職

ますけんでは中村宗哲の作品を買取致しております。
売却をご検討のお客様はフリーダイヤル0120-134-003
又はフォームまでお気軽にご相談下さい。

中村家は千家十職の塗師を務める家系で、中村宗哲は中村家の当主が代々襲名している名称です。
当初は蒔絵を施した家具などの製作(通例塗師)もしていましたが、明治時代以降は茶道具の塗師(型物塗師)として活躍しました。


【系譜】
初代宗哲
  1617年 生まれ
  通称、八兵衛。 号は公弼、方寸庵、塗翁、勇山、杯斎
  代表作に江岑好・独楽香合、庸軒好・凡鳥棗など
  1695年 逝去
二代宗哲
  1671年 生まれ
  通称、八兵衛。 号は汲斎
  代表作に乱菊中棗など
  1706年 逝去
三代宗哲
  1699年 生まれ
  通称、八兵衛。 幼名は鍋千代 号、方寸庵、漆翁、漆桶、勇斎、公弼、紹朴、芹生
  代表作に覚々斎好・ブリブリ香合、少庵好・彭祖棗など
  1776年 逝去
四代宗哲
  1726年 生まれ
  通称、為安・八郎兵衛。号は深斎
  代表作に三斎好・野風茶器など
  1791年 逝去
五代宗哲
  1764年 生まれ
  通称、守一、八兵衛。号は豹斎、漆畝
  代表作に認得斎好・蔦蒔絵中棗など
  1811年 逝去
六代宗哲
  1792年生まれ
  幼名は昌之助。通称、八兵衛、為一、八郎兵衛。号は楪斎
  代表作に認得斎好・祇園攘疫棗・群亀棗・宝船棗など
  1839年 逝去
七代宗哲
  1798年 生まれ
  幼名は槌六。通称、八郎兵衛、八兵衛。号は得玄、獏斎、黒牡丹
  代表作に名取川硯箱・夕顔台子皆具(浄雪・七代浄益・旦入 合作)など
  1846年 逝去
八代宗哲
  1828年 生まれ
  幼名は丑之助。通称、八郎兵衛、忠一。号は至斎、聴雨、蜂老
  1876年 フィラデルフィアでの米国百年祭大博覧会に出品・銅賞  
  代表作に碌々斎好・既望棗、玄々斎好・曙棗など
  1884年 逝去
九代宗哲
  1856年生まれ
  旧姓は松崎喜三郎。号は義生、英斎、一畝、雲水
  代表作に玄々斎好・溢梅雪吹大小・溜ミル貝雪吹溜松木下張棗
  粒菊蒔絵溜雪吹・黒絵玉書詰平棗、惺斎好・鱗鶴大棗・松摺漆丸卓など
中村哲太郎
  九代宗哲と十代尼宗哲の長男
  昭和初年度に死去
  1911年 逝去
十代尼宗哲
  1862年 生まれ
  九代夫人
  代表作に惺斎好・笹蒔絵硯箱・雛用柳桜茶具(合作)
  雛用懐石家具・近江八景棗など
  1926年 逝去
十一代宗哲
  1899年 生まれ
  名は忠蔵 号:元斎・叩城・九土
  九代次男。戦中戦後の多難な時期に多数の名作を製作
  京都府文化功労者
  代表作に惺斎好・唐崎松中棗・醍醐枝垂桜大棗
  即中斎好・四季 誰が袖蒔絵茶器など。
  1993年 逝去
十二代宗哲
  1932年 生まれ
  十一代長女。家職継承者に指名される
  1955年 京都市立芸術大学工芸科卒
  1986年 女性として初めて正式に千家十職当主として認められた
  代表作に而妙斎好・吉祥松溜雪吹・春野旅箪笥など
  2005年 逝去
十三代宗哲
  1965年 生まれ
   父三代諏訪蘇山・母十二代中村宗哲の次女
  京都市立銅駝美術工芸高等学校漆芸科を卒業
  2006年 塗師中村宗哲十三代を襲名

中村宗哲(なかむら そうてつ)買取品一覧

  • 草花文木製黒塗六角盆

    草花文木製黒塗六角盆

  • 直筆サイン

    直筆サイン

  • 中村宗哲 鵬雲斎書付 利休梅朱絵溜大棗

    鵬雲斎書付 利休梅朱絵溜大棗

買取作家一覧

お問い合わせフォームフォーム

  • 電話0120-134-003
  • 年中無休 9:00~21:00 受付
  • 土日祝日 対応

買取のご依頼・お問い合わせ

電話

フォーム ライン

  • お問い合わせ
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込買取

3つのお約束で
安心買取

  • 1
  • 確かな審美眼でお品物の価値を見定めます
  • 幅広いジャンルのお品物の価値を見定めたうえで査定・買取致します。
  • 2
  • 査定から買取まで迅速対応・即日現金買取
  • ご連絡をいただいてから買取まで迅速な対応を心がけております。ご予約いただいた査定日当日中に現金又は銀行振込で買取致します。
  • 3
  • 商品や個人情報の秘密厳守
  • 買取させて頂いたお品物や個人情報は厳正に管理しております。また、「周囲の目が気になるので夜間に来てほしい」などのご要望にもお応えします。
ご利用の流れ
1

お問い合わせ

まずはお電話かお問い合わせフォーム、ラインにてご連絡頂き、お品物の内容をお知らせください。

2

査定

出張買取

ご希望日当日にご自宅までお伺い致します。

宅配買取

お品物と身分証のコピー・振込先口座のメモを入れて着払いにお送りください。

持込買取

ご予約いただいたお日にち・時間帯に当社までお越しください。

3

買取

お客様と査定額が折り合うようでしたらその場で現金又は振込にてお支払いを致します。

折り合いがつかなった場合でもキャンセル料は一切かかりません。

選べる買取方法

  • 出張買取
  • 出張買取
  • 出張料無料
  • 宅配買取
  • 宅配買取
  • 送料無料
  • 持込買取
  • 持込買取
  • 駐車場完備
  
  • 非対面での買取希望の方
  • 遠方の方
  • 量が少ない
  • 3
  • 等の場合は
  • 宅配買取が便利です

よくある質問

はい、無料です。お電話でもわかる範囲で回答させて頂きます。お気軽にご利用ください。

重いもの・大きいもの・割れやすい物は、動かさなくてもそのままの状態で拝見いたします。 飾棚に飾ってあるお品物や箪笥に入っている和服などは伺った際にご指示いただければ、 当方で順番に出して拝見いたします。 買取が成立した際には、本人確認の為に身分証が必要になります。18歳未満の方は、身分証明書(学生書)と保護者の承諾書が必要です。

お品物によります。量が少しでしたら一緒にお引き取りしてまう事もありますし 作業料をいただいてお引き取りする場合もございます。

はい。予定に空きがあれば当日でも伺います。通常は、お客様のご希望の日時を伺い、 当方の予定と調整いたします。ご連絡を頂いた際にお伝えください。

古美術・骨董・貴金属・洋食器・和食器・本・カメラ・お酒など幅広い分野での買取が可能です。「こんなものも引き取れるの?」とお客様に驚かれる事もよくあります。お引っ越しやお片付けの際は、散らかった状態で呼んで頂ければ、買取やお引き取り出来るものが見つかると思います。お気軽にお申し付けください。

東京、神奈川、千葉、埼玉といった関東圏が中心ですが、遠方でも伺っております。お気軽にご相談ください。

      

作家ものの買取はこちら

買取作家一覧