古美術ますけん
古美術ますけん

  • 古美術ますけんについて
  • 買取作家一覧
  • 買取品目一覧
  • はじめての方へ
  • 買取について
お問い合わせ 0120-134-003 年中無休 9:00〜21:00受付 土日祝日対応
english

china

thai

買取作家一覧買取作家一覧

黒田正玄

くろだ しょうげん

黒田正玄

くろだ しょうげん

竹木工 千家十職

ますけんでは黒田正玄の作品を買取致しております。
売却をご検討のお客様はフリーダイヤル0120-134-003
又はフォームまでお気軽にご相談下さい。

黒田 正玄は千家十職の一つで、竹細工・柄杓師を務める黒田家が代々襲名している名称です。柄杓の他、台子、香合、花入など竹を使う茶道具を製作し、千家に納めてきた家系です。

【系譜】
初代 正玄
  1578年 越前国黒田郡に生まれる
  大津に移って竹細工の製造を始める
  正玄の柄杓づくりで井戸守正に師事
  江戸幕府御用達の柄杓師となる
  1653年 逝去

二代 正玄
  1626年 生まれ
  初代の三男。諱「宗正」
  27歳の時に家督を相続
  小堀遠州の推薦により徳川家光の御用柄杓師となる
  1687年 逝去

三代 正玄
  1656年 生まれ
  二代の長男。初名「弥助」
  徳川綱吉、表千家覚々斎、久田宗全の御用達を務める
  1704年に隠居し「正斎」と名乗る
  1717年 逝去

四代 正玄
  1692年 生まれ 
  三代の長男
  13歳で家督相続し、将軍家や三千家御用を務める 
  1731年 逝去

五代 正玄
  1708年 生まれ
  四代に子供がいなかったため、
  二代の妻の実家・勝見五郎兵衛家から養子に迎えられる
  徳川吉宗、表千家・如心斎、裏千家・又玄斎、
  武者小路千家・直斎の御用を務める
  1778年 逝去

六代 正玄
  1747年 生まれ
  五代の長男。幼名「正次郎」字「弥吉」、
  剃髪後は「弄竹斎」「玄堂」を名乗る
  上京の町年寄を務めるなど、京の町人の中でも重鎮であり、柄杓師としては
  徳川家治、家斉、表千家・啐啄斎、裏千家・不見斎、武者小路千家・一啜斎の御用を務める。
  1814年 逝去

七代 正玄
  1768年 生まれ
  六代の養子。47歳で家督相続
  十一代徳川家斉の御用柄杓師、表千家九代了々斎宗左、裏千家十代認徳斎宗室、
  武者小路千家九代好々斎宗守の御用を務めた。
  1819年 逝去

八代 正玄
  1809年 生まれ
  七代の長男
  11歳の時、父の死により家督相続
  先代に引き続き将軍家・三千家御用達柄杓師を務める

九代 正玄
  1837年 生まれ
  八代の長男。字「弥一郎」

十代 正玄
  1825年 生まれ
  八代の婿養子。初名「利助」
  九代の死去に伴い後継者となる
  1900年 逝去

十一代 正玄
  1869年 生まれ
  十代正玄と八代正玄の娘の間に生まれた長男
  表千家・碌々斎、裏千家・又玅斎、武者小路千家・一指斎の御用を務める
  1911年 逝去

十二代 正玄
  1906年 生まれ
  十一代の長男 
  1926年 家督相続
  1943年 政府認定技術保存資格者
  1976年 紺綬褒章受章
  1988年 逝去

十三代 正玄
  1936年 生まれ
  早稲田大学文学部卒
  1966年 十三代 黒田正玄を襲名
買取作家一覧

お問い合わせフォームフォーム

  • 電話0120-134-003
  • 年中無休 9:00~21:00 受付
  • 土日祝日 対応
  • お問い合わせ
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 持込買取

古美術ますけんが選ばれる理由

  • 1査定無料
  • 全国を出張費無料での買取も行っております。遠方で持ち込みが難しい場合や、量が多いもの・大型のもので郵送が難しい場合など、是非ご利用ください。
  • 2実績多数
  • 古美術・骨董品をはじめ、中国美術・西洋美術・茶道具・書画・絵画・お酒など、幅広い知識を生かし、ご新規のお客様はもちろん、リピーター様からも取引をさせて頂いております。
  • 3安心・信頼
  • お品物や個人情報は厳正に管理。企業・法人様から個人主のお客様まで、幅広い方にご利用頂いております。各ジャンルの専門スタッフが担当させて頂いております。
  • 4迅速・丁寧
  • 最短で即日にお伺いすることも可能です。その場で現金取引をさせて頂きます。大切なお品物を丁寧に扱い、お譲り頂いたお品物を、大切にして下さる新しい所有者へ橋渡し致します。
遺品整理
大切な故人のお品物の遺品整理。
骨董・リサイクル専門スタッフが
査定・買い取りさせていただきます。